アニミズム?

何の前触れもなく急にそんな気分になる時があります。
例えばさっき、フロから上がってきてすぐのこと。

フロから上がるといつも手にクリームというか薬を塗ります。
一般的に手が荒れるというものより元々アトピーがあるので、
皮膚疾患といった方が近いです。
その薬やその他の飲み薬など、
自分の薬を入れておくためにテーブルの上に小さな籐籠を置いています。

さっきもいつものようにフロから上がりそのカゴの中を見ると
誰が入れたか分からない、小袋入りのお菓子がカゴの中に入れられていました。

(…ジャマやなぁ)

何故だか急にナワバリ意識が200%噴出してきてそのお菓子を床に叩きつけ…
まではしない(勿体ないしね)までもそこら辺にポイっと放りました。

お菓子はポテっとテーブルの上に落ちました。
その時ふっと僕はそのお菓子が、悲しい・切ない
そんな視線を僕にぶつけてきているような、
いや、そんな自己主張の強いモノではないです。
わ〜っと泣くのではなく、視線を落とし背中を丸めて
とても寂しげな表情を浮かべているような、そんな気がするんです。

昔、僕の好きだった教育テレビで少年(人形だけど)が、

「オデコのメガネがでこでこでこり〜ん」

と言うとオデコにかけていたメガネがストンと落ちてきて
そのメガネをかけて『物』を見ると、
その『物』と会話が出来るという番組がありました。

例えば、ポストと会話をしたり自動車と会話をしたり。
ポストの中にハガキを入れた後どうなってるのかを聞いたり、
自動車はどうやって動いているのかを聞いたり。

そんなのも影響しているのかもしれないですが、
何かふと『物』の声を聞いたような気になる時があるのです。
アニミズムっていうのか、でも僕が聞くのは大抵
さっきのお菓子のように、悲しい・寂しい・痛い
というような負の声ばかりです。
そんな時はいつもとてもすまない気持ちになって、
拾い上げて「ごめんね」を言いたくなります。

たかだか30円ぐらいで売ってそうな小袋のお菓子に
そんな気持ちになる人はあまりいないかもしれないし、
ひょっとしたら精神的にあまりいい状態じゃないのかもしれないです。
ちょっとノイローゼ気味とか。

僕にとってはとても日常的なことなので
他の人がどうとか今まで考えたこともなかったんですが、
同じようなことを考えてる人がいたら気が合う人かもしれないです。

他の人がどうってのは別にどっちでもいいんですが、
こういう気持ちになるのがもし精神的にちょっと弱い部分がある
ということだったとしても、僕自身はこれでいいと思っています。
僕にとってこういう気持ちになれるというのは
口では言えないけれど、何かとても大事なことなような気がするんです。
こういう気持ちになれている間は、
まだ自分を見失っていないんだろうと思えます。
『物』がどう考えているかを僕が勝手に考えるなんて
単なる僕のエゴかもしれないですが。

戻る